· 

こどもの自立を促す?モンテッソーリ教育とは

 モンテッソーリ教育という教育方法をご存知ですか?

お子様を育てている親御さんたちは、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この教育方法を方針とする幼稚園などが日本でも増えてきています。

なんだかお堅い教育方法なのでは・・?我が子にも安心して受けさせることができるもの?など、教育内容が色々と気になります。

 

今回はモンテッソーリ教育について知っていきましょう。

 

 

 

 

モンテッソーリ教育とは?

 

考案者はイタリアの医師、マリア・モンテッソーリ氏です。精神病院で医師をしていた彼女は、たくさんの子供たちと触れ合い、観察するに当たって子供たちが秘めた大きな力を持っていることに気付きます。

そして、その力を引き出しながら成長させる「モンテッソーリ教育法」が提唱されました。

モンテッソーリ教育では「子供の自立」を目的として教育していく方法です。子供は本来、自分自身を成長させる・発達させる力を持っており、その力を大人が“援助”して促し、環境を整えてあげるのです。

 

 

モンテッソーリ教育は5つの分野を大切にする

 

モンテッソーリ教育には決められた「カリキュラム」はありません。しかし、大切にしている5つの分野があります。

 

1,日常生活の練習

料理や洗濯、掃除など我々が生きる上で欠かすことのない仕事を実際に体験し、身につけていきます。そうすることで生きていく自信や独立心を養うことができます。

 

2,感覚教育

幼い子供たちは“感覚”が鋭く、敏感です。そして感覚は右脳を刺激し、知的活動の基礎となります。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を養い、創造力・表現力を育てます。モンテッソーリ教育の重要分野として取り組まれています。

 

3,言語教育

“言語の敏感期”に正しい順序で、子供の発達段階に合わせて身につくように教育していきます。物の名前から始まり、文法を学ぶことができます。

 

4,算数教育

モンテッソーリ教育の算数教育は感覚を使いながら学ぶために、具体的である数量や数字などを重視し、特別な教具で実際に触りながら算数を学んでいきます。

 

5,文化教育

歴史、地理、美術などを学びながら子供が持つ好奇心や興味という心を育てる分野です。他の4分野も合わせた、総合学習ともいえます。

 

 

“子供の気持ちを大切にする”それがモンテッソーリ教育

 

モンテッソーリ教育は、ただただ難しい勉強を叩き込むわけでも、敷かれたレールを通らせるためにルールや考えを教え込む教育方法などではありません。

 

重要視しているのは「子供の気持ち」であり、それを壊さずにしっかりと受け止め、そして伸ばすというものです。

幼児教育としても取り入れられることが多いモンテッソーリ教育ですが、難しいのではないか、厳しいのではないか、とまだまだ本質を理解してもらえないことも多い教育方法です。

 

親である大人がしっかりと理解し、我が子の教育に活かせるか検討してみるのも良いでしょう。


ルミエールの学童スクールとプレキッズスクールはモンテッソーリの考え方を基盤にした教育を行っております。

子供の自主性を育みながら「創造性」「思考力」「実行力」を伸ばしていくアート教育です。


関連記事はこちら


ワークショップやお得なキャンペーン情報を配信中!ルミエール公式LINEはこちら!

友だち追加

営業時間

[アートクラス]

平日13:00〜19:00

土日祝11:00〜17:00

[中高生の絵画教室]

土日祝11:00〜20:00

[休業日]

毎週木曜日、年末年始12月29日〜1月3日、GW

 

〒231-0836

神奈川県横浜市中区根岸町3-176-36

京浜東北線 根岸駅 徒歩6分

 

アクセスはこちら

 

045-323-9332(平日13:00〜19:00)


絵画・造形・デザインのアートルームルミエール