· 

身近なアートによる刺激で脳を活発に? アートは認知症予防にもなる

あなたは「アート」はお好きですか?アートと聞くとなんだか本格的で難しい、敷居が高く感じる方も多いかもしれません。

ワクワクする、ドキドキする、想像ができる、そう感じることができればたとえ簡単なものでも立派な「アート」になります。

 

この「アート」で得られる感情や思考は脳を刺激し、脳の活性化・運動となります。 認知症予防になると注目されています。

 

 

脳の神経細胞は年齢と共に減っていき、老化する

脳にはたくさんの神経細胞が存在します。神経細胞、別名「ニューロン」は複雑に絡み合いそれぞれに正しい位置があります。

そしてシナプスを介して神経経路を成して脳の基盤となるのですが、ニューロンは加齢に伴い、段々と減少していきます。

シナプスは神経細胞と神経細胞を繋ぐ、重要な役割をもつものですが、シナプスも加齢に伴い老化してしまいます。

 

認知症の6割を占めるといわれている「アルツハイマー型認知症」は、脳の重要な器官のひとつ“海馬”のニューロンが破壊され、萎縮してしまい知能や身体的能力が低下してしまうものです。

 

 

 

脳への刺激がニューロンやシナプスを成長させる

脳を刺激すること、活性化させることはニューロンを活発にさせ、神経回路の成長を促したり、老化を防いだりすることができます。

 

脳を刺激することが認知症を予防する方法としていわれるのは、このニューロンやシナプス、神経回路への刺激が重要だということです。

 

 

 

アートが脳を刺激して興奮させる

アートは、創造力や知識、感情などの脳を働かせる力を持っています。それは強い刺激となり、脳を活性化させてくれるのです。

 

冒頭でお伝えした通り、アートといっても構える必要はありません。今までアーティスティックな行動や考えをしてきたことが無い人でも、身近で簡単なアートはたくさんあります。

 

 

 

まずは“手軽で身近な”アートをたくさん体験してみよう

アートといっても絵画やデッサン、彫刻などの有名で難しいものばかりではありません。

“あなた自身”が創り出したもの、それはすべて“アート”です。

 

それでは身近で手軽に挑戦することができるアートはどんなものが考えられるでしょうか?

・塗り絵、切り絵

・折り紙

・スクラッチアート

・習字

など、すぐにでも始められるものはたくさんあります。そして年齢も性別も関係ありません。

 

創造力、感性を表すことができ、楽しめる興奮できるものであれば良いのです。 アートで脳を刺激してみましょう。

 

まとめ

 

 

アートによる創造力、興奮、感覚の刺激は、ニューロンやシナプスの活性化や成長、老化予防になることが研究結果として発表されています。

脳の老化防止は認知症の予防の基本となります。頭を無理に働かせようとせず、アートなどの趣味を見つけ、楽しみながらおこなうことが大事です。



〔ルミエール公式ライン〕ワークショップやお得なキャンペーン情報を配信中!  

友だち追加

営業時間:

[アートクラス]平日13:00〜19:00、土日祝11:00〜17:00

[中高生の絵画教室]土日祝11:00〜20:00

[休業日]毎週木曜日、年末年始12月29日〜1月3日、GW

  

アクセスはこちら

 

電話番号:

045-323-9332


絵画・造形・デザインのアートルームルミエール